都市計画・建築
2013年

〜2012年

●変貌する市川の風景……駅前の高層ビル

 市川の北部は台地が多い。そして木々が葉をすっかり落としたこの季節、台地の上からは市川の街が見渡せる。住家がぎっしり並ぶ向こうに、ニョキっと空に伸びる40階以上の高層ビルが見える。市川駅南口と本八幡駅前の再開発ビルだ。
 かつて、市川は「閑静な住宅地」といわれてきた。今でも多くの場所で残っているのだが、駅前にこのような高層ビルが建ち始めると、街のイメージが大きく変わって見えるから不思議だ。
 台地の樹木はこれから新緑の季節を迎え、そして夏になると葉が被って、街も見通せなくなる。今だからこそ、見られる風景だ。(2013/03/08)