■市川市内で行われるイベントや講演会、会議などを紹介するページです。


■2018年 10月

3日〜14日 大島暁油彩展「スペインそして故郷」。午前10時から市川市芳澤ガーデンギャラリー。入場無料。大島氏は岡山県浅口市生まれで、現在は市川市在住。スペイン各地の風景に魅せられ、主にアンダルシア地方の街角を描き続ける。10月7日にはギャラリートークが午後2時から予定。047-374-7687

4日 市川市文化会館「新人演奏家コンクール」授賞式。午後6時半から市川市文化会館。今年で31回目。125名の応募の中から19名を選出。受賞記念演奏会は12月1日に市川市文化会館で行われる。10月4日から鑑賞券を発売。全席500円。047-379-5111

6日 緑の楽交「秋のトンボ調査」。午前10時から北方ミニ自然園。北方遊水池とミニ自然園でトンボを捕り、その種類を調べる。飲み物、帽子、汚れてもいいような靴と服装。小学生以下は保護者同伴。参加費100円。090-8777-7186

13日〜17日 公募「輪の輪展」。市川市文化会館地下展示室。32回目の開催。金属、木彫、造形、陶、染、織、硝子、竹、人形、絵画、皮、漆。今年4月に「輪の輪工芸美術会」と改名し、公募作品を展示。入場無料。090-1250-6636

13日〜12月2日 千葉県立現代産業科学館企画展「宇宙(そら)の味―宇宙日本食と食品保存技術」。国際宇宙ステーションで食べられている宇宙食や食べるについて展示解説。「宇宙で食べるってどんなかんじ?」「宇宙でも日本食が食べたい」「いつでもおいしいものが食べたい」「食べるを考える」という4つのテーマ。関連行事も多数予定。事前申し込みが必要なものもあり。入場料は一般 500円ほか。047-379-2007

14日 市川市動植物園「ミニSL特別運行」。「鉄道の日」にちなんで、ミニ蒸気機関車とはやぶさと運行。10時30分からと13時から。はやぶさは9時45分からと12時45分から。無料。047-338-1960

18日 美術講座「多彩な北斎芸術を愉しむ」。午後1時から市川市文化会館のローズルーム(地下1階)。150枚のスライド写 真を使って、葛飾北斎の世界を解説する。講師は美術評論家でNPO美術教育支援協会理事長の谷岡清氏。申し込みの受け付けは9月1日午前10時から、電話で047-379-5111。先着順100名。聴講無料。

20日 みどりの寺子屋「収穫祭」。午前10時から北方ミニ自然園。ミニ自然園で収穫したお米で餅つきをしたりワラ細工を楽しむ。飲み物、帽子、汚れてもいいような靴と服装。雑煮を食べるので、箸とお椀、皿を持参。小学生以下は保護者同伴。参加費は大人400円、小学生200円。090-8777-7186

21日 八幡ふれあい市@葛飾八幡宮。午前11時から葛飾八幡宮。縁日ブース、手作り販売ブース、保護犬の譲渡開催など。当日は、本八幡界隈で、地域まつりも開催される。090-3102-7137





■2018年 11月

1日〜30日 いちかわ街かど美術展の作品受け付け期間。誰でも出品できる、市民が集う展覧会。今年で11回目。展覧会は2019年2月17日から2月24日まで、市川市文化会館で開催。詳細は047-379-5111

7日 芳澤こどもコンサート。午前11時から芳澤ガーデンギャラリー。サックス染谷真衣さん、打楽器佐野幹仁さん、ピアノ大野瑞季さんの演奏。曲はミッキーマウスマーチ、リベルタンゴほか。全席500円、こども無料。047-374-7687

13日〜12月2日 いちかわ未来の画家コンクール作品募集。市川市をはじめ、浦安、鎌ヶ谷、船橋、松戸の県内5市に在住の中学・高校生を対象にした美術作品を募集。「創造性に富み、若さ溢れるフレッシュな作品を募る。テーマは自由」。今年で6回目。展示は12月16日から1月14日まで、芳澤ガーデンギャラリーで。右の写真は昨年の受賞作品。

15日 市川市家族の週間「ママも楽しい0歳からのコンサート」。午前11時から11時45分まで、行徳文化ホールI&I。ソプラノ平中麻貴さん、ヴァイオリン小高根ふみさん、ピアノ松永悠太郎さん。演奏曲は赤とんぼ、チャルダッシュ、小さい秋みつけた他。全席指定席で600円(未就学児の膝上鑑賞は児童は無料)。チケット発売中。

17日 「緑の楽交・冬の野鳥観察」。午前10時に大柏川第一調節池緑地ビジターセンター前に集合。北方遊水池で冬の渡り鳥やアシ原の小鳥を観察。参加費100円。事前の申し込みは不要。小学生以下は保護者同伴。汚れてもいいような服装と靴。双眼鏡があれば便利。090-8777-7186

25日 金井宣茂・宇宙飛行士のミッション報告会。午後1時半から和洋学園講堂。入場無料(事前申し込みが必要)。金井さんは市立稲荷木小卒業。当日の内容は「金井宇宙飛行士の国際宇宙ステーション長期滞在」「学ぼう!宇宙に浮かぶ実験室『きぼう』の実験、無重力を活かした実験とは?」「ココでしか聞けない!宇宙のお仕事トークショー」など。定員1800名。申し込みはインターネットまたは往復はがきで。締切は10月31日。047-712-8591