■市川市内で行われるイベントや講演会、会議などを紹介するページです。

■2017年 6月

1日 芳澤こどもコンサート。午前11時から芳澤ガーデンギャラリー。全席自由席500円(こどもは無料) 。047-374-7687

3日 市役所建て替えイベント「消防フェスタとみんなのお祭り」。午前10時から午後1時まで、市役所本庁舎。市川消防局特別 救助隊による救助救出訓練や消防隊による一斉放水訓練(12時半から)、消防音楽隊などによる演奏演技(10時10分から)、消防音楽隊ミニコンサート(11時からと11時40分から)。このほか、会場では特殊車両の展示や試乗体験、レスキュー体験、応急リレー体験、縁日、わんぱく広場、動植物園写 真展、リユースパネル展、キャラクターと一緒に写真撮影など。市役所で不用になった物を無料でもらえるリユース市や国府台高校書道部による書道パフォーマンスも予定。荒天のときは4日に延期。047-712-8697

4日 いちかわ環境・防災フェア。午前10時からニッケコルトンプラザ(環境会場)と県立現代産業科学館(防災会場)。環境会場では各団体の環境活動を紹介。クイズ・体験などの環境学習コーナー、ウルトラマンとらんま先生によるサイエンスステージ、自転車発電機や紙すきの体験、エコスタンプラリーなどを実施。防災会場では災害時対策や防災協定の締結企業、防災知識や用品などを紹介展示。避難所や降雨体験、救助犬のデモンストレーション、災害用伝言ダイヤルの使用方法などを学ぶ。このほか、スタントマンが交通 事故を再現する自転車交通安全教室も行われる。問い合わせは環境会場047-712-6306、防災会場047-712-8563

17日 緑の楽交「市川の民話を聴こう〜鳥にまつわる民話を中心に〜」。午前10時から北方遊水池のビジターセンター。酉年にちなんで、トリが登場する市川に伝わる民話を、民話の会の語りで楽しむ。「国府台」に地名のいわれとなったコウノトリ、「いんねえのじゅえむどん」の笑い話に出てくるカラスやタカなど。参加費100円。小学生以下は保護者と同伴。090-8777-7186

24日〜平成30年6月10日 小企画展「縄文の海を泳いだコククジラ」。考古博物館1階ホール。市史編さん事業に伴う調査の中で、コククジラの骨が発見された当時の映像や地層の詳細について紹介する。7月8日には講演会を開催。047-373-2202

25日 ウィズカレッジ「みんなで遊ぼう!〜村上パパとむれあそび〜段ボール工作大作戦!。午後1時半から市川市男女共同参画センター。段ボール工作や身近なものを使ったおもちゃ作りを楽しむ。講師は村上誠・NPO法人ファザーリング・ジャパン。講演と遊び体験、座談会。先着で30組家族。047-322-6700




■2017年 7月

1日〜 婚姻届を提出した夫婦に「ミニバラの鉢植え」などをプレゼント。仮本庁舎、行徳支所市民課、まち並み景観整備課で配付。このほか、結婚記念日を記入できるプレート、クロロとバララのシール、花の種も。047-712-8597

8日 市川市史講演会「縄文の海を泳いだコククジラ」。午後1時半から全日警ホール(八幡市民会館)。講師は杉原重夫・明治大学名誉教授、加藤秀弘・東京海洋大学教授、領塚正浩・市立市川考古博物館学芸員。先着280名。無料。047-300-8020

9日 ハッピーライフ&キャリアフェスタ 2017 in いちかわ。午前10時からニッケコルトンプラザ。働き方講座や家事と育児と仕事を両立するコツの紹介、保育園等に子どもを通 わせるパパの座談会など。このほか、トークイベントや相談ブースなども。047-322-6700

15日 みどりの寺子屋「かかしを作ろう」。午前9時から北方ミニ自然園。稲を荒らす鳥などを遠ざける「かかし」。田んぼのガードマンの「かかし」を楽しく工夫して作り、田んぼに立てる。小学生以下は保護者同伴で。参加費100円。090-8777-7186

15日 こどもの消防広場。午前10時から北消防署と大野消防訓練場。特殊車両の展示、梯子車や消防車の試乗体験、地震体験、煙中脱出体験などのほか、チアダンス、消防音楽隊などの演技、救命処置の訓練なども。047-333-2116



■2017年 8月

5日 市川市民納涼花火大会。午後7時15分から江戸川河川敷。今年で33回目。約14,000発を打ち上げ。スタート5秒間で1,000発を打ち上げるという演出も。江戸川区と合同イベント。047-711-1142