■市川市内で行われるイベントや講演会、会議などを紹介するページです。

■2018年 6月

2日 Ichikawa 女性のための起業セミナー・2018。午後1時から男女共同参画センター。市川市内で企業をめざす女性、起業後まもない女性が対象。基調講演(講師は永田洋子さん)のほか、女性起業家によるトークセッション、起業に関する各種サポートを紹介。無料。事前予約が必要。047-711-1140

3日 いちかわ環境フェア2018。午前10時からニッケコルトンプラザ。テーマは「謎とき発見!エコ未来」。体験・参加型の催し。エコ実験パフォーマンスやお天気キャスターの体験、自転車発電機の体験、工作教室など。荒天中止。047-712-6306

6日 緑の楽交・ツバメのふしぎ大発見。午前10時に、大柏川第一調節池緑地ビジターセンターに集合。雨天決行。身近なツバメの基本を知り、ふしぎな生活について、ツバメを観察しながら考える。参加費100円。事前申し込みは不要。小学生以下は保護者同伴で。双眼鏡があれば持参。090-8777-7186

9日 2020年東京オリンピック・パラリンピック ホストタウン登録記念「ブルガリアフェア」。午前10時から午後3時まで、ニッケコルトンプラザ。本市が新体操競技のブルガリアチームのホストタウンとして登録されたのを記念して開催するイベント。「国をつなげたヨーグルト」というテーマで親子を対象にした食育セミナーを開催。クイズ「ブルガリアってどんな国」、フォトスポット「みんなでウエルカムボード作り」などを予定。同チームは6月28日に市川を訪れ、塩浜市民体育館を視察する予定。047-712-8591

16日 市川をもっと知ろう「木内重四郎の生涯と木内ギャラリー」。午後1時半から清華園。講師は奥住淳さん(千葉県芝山町教育委員会)。参加無料。先着30名。市川案内の会主催。7月14日には「中山若宮の歴史」(今昔物語)を開催。清華園はJR下総中山駅北口、法華経寺参道を徒歩6分。047-333-5147

22日 福祉講演会「安心して、老いる〜自分と家族のために」。午後2時から市川市男女共同参画センター7階。講師は明石久美さん(相続・終活コンサルタント)。終活準備をどのようにしていくか、制度の活用方法について解説。定員100名。047-320-4001

24日 「村越市長と話そう・タウンミーティング」。午前10時から全日警ホール。テーマは「市川市の子育て支援施策について」。市長が説明し、その後参加者と意見交換する。タウンミーティングは4月の市長選で、村越氏が選挙公約に掲げていた。参加対象は市内在住、または転入を検討している人。申し込み方法はインターネット、往復はがき、ファックスで。受け付け期間は6月2日〜6月11日。受け付けは市の広報公聴課。お問い合わせは047-712-8633


■2018年 7月

5日〜20日 「平和の折り鶴展」。午前10時からメディアパーク1階エントランス。展示後に広島・長崎に送呈する。去年は24万羽を展示。047-712-8643

8日 ハッピーライフ&キャリアフェスタ 2018 in いちかわ。午前10時からニッケコルトンプラザ。テーマは「自分らしいライフとワークがみつかる。イマドキ家族の働き方マルシェ」。子育て世代の働き方を応援する講座や癒しブースなどのイベント。参加無料。事前申し込みは不要。047-322-6700

21日 緑の寺子屋・かかしを作ろう。午前9時から北方ミニ自然園で。雨天中止。「かかし」は稲を荒らす鳥などを遠ざける人形。田んぼのガードマンである「かかし」を工夫して作り、田んぼにたてる。稲は花をつけ出し始めました。参加費100円。事前申し込みは不要。小学生以下は保護者同伴で。飲み物、帽子、汚れてもいいような服装と靴。090-8777-7186

21日〜9月24日 「サラリーマン漫画展 漫画に学ぶ働き方」。文学ミュージアム企画展示室。サラリーマンが主人公の漫画作品を展示し、彼らの働く姿を紹介する。関連イベントも多数。観覧料一般 500円など。 047-320-3334