◆大柏川第一調節池緑地だより
(2018年〜2019年)


 大柏川調節池緑地の自然
1年かけ調査を開始 元教諭の山アさん

 大雨のときは治水対策上の遊水池になる北方町4丁目の「大柏川第一調節池緑地」。この緑地の植生や生き物などを定期的に調査しようと、 一人の元教諭が活動を始めた。植物、鳥、昆虫の生態や分布、敷地内に数カ所ある池の変化などを調べてレポートを作成、ここを訪れた人に配布している。
 活動を始めたのは市川学園市川高校の元教諭の山ア秀雄さん(83歳)。専門は昆虫で、現在、市川市史編さん委員会委員(自然)。かつては本紙「市川ジャーナル」に「市川動物誌」を長年にわたって執筆してくれた。
 大柏川第一調節池(通称:北方遊水池)は豪雨などの際に大柏川の水を越流堤から引き込み、下流の地域を洪水から守る役目をもつ。平常時の利用については、市民や専門家の運動により 、人工の遊具や施設をつくらない、自然のままの状態で残すことが決まった。
 この緑地について、「1年を通しての自然の調査が行われていないのではないか」と思い続けていた山アさん。この12月から一人で観察活動を開始した。12月1日午前、気温14度と比較的穏やかな日に緑地全体を回り、生き物や池の状態を観察して、撮影した。今後、立春や夏至、大寒といった「二十四節気」の期間をめやすに、1年間にわたって調査を行い、その状況を掲載した「大柏川第一調節池緑地だより」 を毎月2回発行することにした。
 第1号は「小雪」(11月22日〜12月6日)の期間である12月1日付けで発行した。「『小雪』は冬といってもそんなに寒くないという意。生き物は次の季節に向け、越冬準備が完了する頃。温暖な日にはキタテハやヤマトシジミが飛ぶ。冬鳥も大方顔をみせる頃」という前文は簡潔でわかりやすい。観察記録では、植え込みのアカツメクサの群落について詳しく解説しているほか、冬羽のハクセキレイや水生植物の冬越しなどを写真と一緒に紹介している。緑地内にある池(貯留池)の変化についても記述している。最後には、緑地内で「絶好の秋の風景」が撮れるおすすめスポットも紹介した。
 「だより」はA4判2ページ。大柏川ビジターセンターに置いて、訪れる人に配布している。

(2018/12/10)


◆第2号(12月13日発行)−大雪−(12月7日〜12月21日)
 大雪には太平洋側では晴れの日が続く。本州の地形的宿命による。初霜が降りると、生き延びたバッタ類やトンボ類が死滅する。
・「大柏川第一調節池緑地」の概説 2008年1月19日開園。面積8.7ヘクタール。ほか
・生物生存調査をすることになったきっかけ
・注目の生き物
 セイバンモロコシの植生。一度刈り取られても、再び茎を伸ばす。とにかく子孫を残さねばという営み。
 クソミミズを発見。ミミズの生態を解説。
・冬のフレーム(おすすめの写真)は「ネムノキ」。


◆第3号(12月22日発行)−冬至−(12月22日〜1月5日)
 冬至は1年のうちで夜が一番長い日。寒さに向かうが、日脚は一日一日伸びる。生き物の冬越し、寒さの自然現象を観察。
・注目の生き物
 トベラ。常緑の木で、12月初めには丸い実が3つにはぜて、黄から赤色の種子が見える。花は晩春から初夏に咲く。
 クリオオアブラムシ。カメムシの仲間、生態は複雑。花や野菜を栽培するひとには害虫。薬一吹きでいなくなる。
 ツバキとサザンカの見分け方を記述。
・冬のフレームは「ヨシの取り跡を核に張った氷」。

 

 


◆第4号(2019年1月6日発行)−小寒−(1月6日〜1月19日)
 小寒は寒さが本格的になり、厳寒期を迎える。松の内もあけ本格的な社会生活が始まる。
・寒さの自然現象。日本列島の本州は、太平洋側は晴天が続き、日本海側は降雪が続く。関東地方では冬晴れが続く。寒さ対策をして冬の自然観察を楽しもう。
・注目の生き物
 トビイロマルハナノミの生態。体長4ミリ程。緑地の南土手の低木林に多数見つかる。
 霜柱。地面の下にできる細い氷の柱。下総台地や関東の広い地域でできる。
 草原(クサハラ)の観察。刈り取りの時期、回数、場所によってその後の植生が違ってくる。
・冬のフレームは「地表で冬を過ごす小さな植物の体にできた氷(霜)」。


◆第5号(2019年1月20日発行)−大寒−(1月20日〜2月3日)
  寒さが本格的になり、厳寒期を迎える。
・注目の生き物
 ハンノキの冬。夏に出来た花は、厳冬に開花する風媒花。
 ハンノキの果実と球果
 春の七草。「セリ、ナズナ、ゴキョウ、ハコベ(ら)、ホトケノザ、スズナ、スズシロ(これぞ春の七草)」という覚え方が一般 的。