過去の主な記事

自治会連合協議会
(平成22年役員)

●17万円余りを寄付 今年の子ども会歳末助け合い募金

 市内の子ども会育成会による年末の助け合い募金で、今年は約17万4000円が集まり、12月24日に市長に手渡されます。昭和34年からの「1円玉募金」から始まった募金活動で、毎年11月から12月にかけて、子どもたちが持ち寄っています。
 今年の参加子ども会は30団体。これに昨年の繰り越した3団体が加わり、33の子ども会が参加しました。贈呈式には代表の子ども会の児童や子ども会育成会連合会会長のほか、市側から大久保市長や社会福祉協議会職員らが出席します。寄付された募金は、市の社会福祉施設に寄付されます。(2010/12/20)


●年末恒例のごみ拾い 京葉瓦斯社員の「小さな親切活動」

 京葉瓦斯(本社・市川市市川南、佐久間信夫社長)の社員でつくる「小さな親切の会」が12月9日、年末恒例のごみ拾いを実施しました。約200人が参加し、本社のある市川南から市川駅までの幹線道路や市川駅の南口と北口周辺で実施。紙類やたばこの吸い殻など、30分程で、およそ15キロのごみが集まりました。(写真は駅前の通りでゴミ拾いをする女子社員)
 「小さな親切の会」は1985年に発足し、今年で25年目。清掃活動をはじめ、募金活動などのボランティア活動を続けています。(2010/12/20)


●市川ライオンズクラブが市に車両などを寄贈

 市川ライオンズクラブが青色防犯パトロール車両と障害者施設で使用する車両を寄贈することになり、12月1日、市役所駐車場で目録の贈呈式が行われる。式にはライオンズクラブの関係者、市からは市長や危機管理監 らが出席する予定。047-334-1129


●市政功労者や団体に感謝状を贈呈 10月7日

 長年にわたって市の委員をつとめたり統計調査に携わった市民や寄付をおこなった市民団体に対し、10月7日、感謝状が贈られました。今年度の受賞者は市政功労で個人が12人、団体が2、寄付では個人が4人、団体が7団体でした。(2010/11/03)
 ◇受賞の人たちは下記の通り。(敬称略)
《市政功労》
岡田丘子、鈴木榮子、三村文彌、日枝捷子(以上、統計調査員として多年にわたって統計調査に尽力)
古宮明(多年にわたって市川市公文書公開審査会の委員をつとめる)
土橋正彦、三好智美(以上、多年にわたり市川市介護保険認定審査会委員をつとめる)
森元ゆかり(長年にわたりいちかわファミリー・サポート・センターの協力会員を続ける)
齋藤佳治、柴田和子、吉野信行(以上、多年にわたって市川市急病診療所の医師として救急医療業務に尽力)
薮崎忠雄(多年にわたり市川市子ども会育成会連絡協議会の役員をつとめる)
市川市納税貯蓄組合連合会(多年にわたって納税啓蒙活動を続けている)
水木洋子市民サポーターの会(長年にわたり、故水木洋子さんの遺品の整理や保存、自宅の手入れなどに尽力してきた)
《寄付活動》
松丸幸一(多年にわたり花卉を寄贈)
松丸ひろ子(故人、平田小と菅野小に児童用図書館資料などを寄贈)
いちかわケーブルネットワーク(地上デジタル放送対応のハイビジョンプラズマテレビを寄贈)
狩野裕(故人、社会福祉事業基金に寄付)
藤田由蔵(社会福祉事業基金に寄付)
南行徳メトロセンター会(社会福祉事業基金に寄付)
大嶋建装(社会福祉事業基金に寄付)
市川市行徳漁業協同組合遊漁船業組合(高齢障害者指定寄付金を寄付)
I-linkタウンいちかわ街開き実行委員会(車椅子購入指定寄付金・高齢障害者指定寄付金を寄付)
市川市南行徳地区自治会連合会(南行徳地区社会福祉協議会指定寄付金・車椅子等福祉用具指定寄付金を寄付)


市川出身のサッカー阿部勇樹選手に市民栄誉賞 今年のワールドカップで活躍

 今年、南アフリカで開かれたサッカー・ワールドカップで活躍したバックスの阿部勇樹選手に、市民栄誉賞が贈られました。阿部選手は市川の出身。富美浜小、福栄中、東京学館浦安高と進み、その間、富美浜FC、市川FC、ジェフユナイテッド市原ジュニアユース、ジェフユナイテッド市原ユースなどで活躍しました。現在は、イギリスのレスター・シティに所属しています。授与式は10月7日に行われ、阿部選手の父親が代理で出席しました。
 市民栄誉賞は文化芸術やスポーツの分野で、国際的に活躍したり国内大会や全国大会で好成績を残した市民に贈られる賞。


■平成22年 市川市自治会連合協議会役員(平成22年5月21日に開催された定期総会で決定。任期2年。敬称略)

 ●会長 歌代素克(福栄1丁目)
 ●副会長(総括担当) 箕輪一男(曽谷第6)
 ●副会長 林正幸(南大野2丁目)、斉藤愼司(八幡門前)、滝沢晶次(稲荷木)、花見敬一(富浜3丁目)
 ●会計 松浦重夫(ばらき苑)、大森喜市(大洲)
 ●監事 千葉良二(ソフトタウン行徳)、鶴田一嘉(ライオンズマンション市川本八幡)


●市政功労者に感謝状を贈呈 平成21年度

 市民福祉の向上や寄付金の寄付など、平成21年度に市政に協力した市民や団体に対し、3月26日、市川市から感謝状が贈られた。今回の該当者は個人が18人、団体が7団体。(平成22年04/01)
 ◆該当者は次の通り(敬称略)
【市政功労】
 小菅彰、尚子(東古八幡自治会)
 杉浦眞人、京子(八幡5丁目大和自治会)
 鶴田一嘉、京子(ライオンズマンション市川本八幡自治会)
 石橋英治、茂子(東菅野中央自治会)
 江間實、みつ子(高石神自治会)
 千葉哲男(東行徳自治会)
   ==以上、自治会長を10年にわたってつとめた
 玉田広毅
 岡野谷守利
   ==長年にわたり、個人情報保護審議会委員をつとめた
 中川實==長年にわたりスポーツ振興や青少年健全育成につとめた
【私財の寄付】
 小笠原道大
 市川市高齢者クラブ連合会、市川市子ども会育成会連絡協議会、おてだまクラブ、市川老人いこいの家明るい利用者の会
 石井元裕、及川文二、海江田八千代、横山香料・横山吉雄
 迎米親友会、京葉瓦斯