市川の行政と政治の拠点、市川市役所

市の事業(平成18年度)

★平成18年度の新規事業(当初予算案から)

総務費

高齢者定数外職員採用(980万円)
 団塊の世代の雇用対策として、60歳以上を対象に、公募で臨時採用する)
工事管理システム再構築(3900万円)
 今の工事管理システムを、新しい財務会計システムなどと連携をさせるなどの改良して、再構築する。
庁舎改修(1400万円)
 市役所第三庁舎の耐震補強の設計を実施。工事は平成19年〜20年に行う。
e-モニター制度運営(1700万円)
 インターネットや電子メールを活用して行う住民意向調査などのシステム。登録した市民モニターに対して、情報を発信したりアンケート調査を実施し、市民の声を集める。今年度はモニターの会員を増やす。
地域ポイント制度構築(100万円)
 マイバッグ運動、環境美化運動、e-モニターを組み合わせた制度を構築する。
協働事業提案制度構築(9万円)
 市と市民が協働していく仕組みとして、制度を創設する。
国民保護計画策定(400万円)
 国が制定した「国民保護法」(平成16年)に基づいて、市が警報の伝達、避難誘導、救援などについて具体的計画を、市の地域性に合わせて策定する。
インターネット放送局拡張(860万円)
 インターネットによる動画の質を向上させて配信。審議会や講座なども配信する。
コールセンターシステム構築(2100万円)
 市民の問い合わせに365日対応できるコールセンターを整備していく。
地域ふれあい館整備(2700万円)
 今の青少年館を変更して、あらゆる年齢層が利用できるように「地域ふれあい館」としてリニューアルする。
ライセンス登録(55万円)
 市の文化資産や施設、文化人などの分野でボランティア活動をしている市民に、「オフィシャルライセンス」を発行し、信頼される人材として活動してもらう。
健康都市調査研究(200万円)
 働き盛りの世代の生活実態を調査して、課題をみつけ、それを解決する方法の研究を専門機関に委託する。

民生費

重度身体障害者等移送費助成(300万円)
 重度身体障害者や特定疾患の患者等が寝台付きタクシーを利用した場合に助成する。
障害者更生台帳イメージファイル化(1090万円)
 障害者更生台帳をイメージファイル化して、事務の省力化などを進め、また、行徳支所の情報の共有化を推進する。 
重症心身障害者(児)在宅サポート(300万円)
 重症心身障害者(児)が地域で安心、安全に暮らすために、関係団体で構成する研究会をつくり、在宅生活支援システムを構築する。
特別養護老人ホーム等建設事業費補助金(1億2600万円)
 社会福祉法人慶美会の建設する第二清山荘について、助成する。柏井4丁目で、定員100人。
子育て支援地域創設(1050万円)
 0歳から3歳までの乳幼児と親が気軽に集まれる「親子つどいの広場」を八幡分庁舎と新井青少年館につくる。
第3子以降の保育園保育料の無料化(-)
 3人めの子供が認可保育園に入園している場合、第3子以降の保育料を無料にする(所得制限あり)制度をつくる。保育園保育料が7500万円の増額になる。
中央こども館祝日開館(110万円)
 メディアパークにある中央こども館を祝日にも開館する。
保育園整備計画(分園)(9200万円)
 行徳地域の保育園入園の待機児童を解消するため、学校の余裕教室を保育園の分園として利用する。福栄中と南新浜小。

衛生費

アスベスト対策(720万円)
 アスベストの飛散対策として、使用状況や飛散の実態を把握して、防止対策を進める。環境検査センターで、分析や濃度測定の機器を整備する。

労働費

若年者就労支援(230万円)
 就職で悩んでいる若者に対して、就労相談窓口を新設。親に対してもセミナーを行う。

農林水産業費

市川漁港整備(1800万円)
 市川漁港の恒久的な方針を策定し、防波堤や船上げ場などを基本計画をまとめる。平成21年度に基本設計と実施設計を行い、22年度に着手の予定。

商工費

 ―

土木費

市川駅南口再開発事業区域周辺道路整備(2300万円)
 市川駅南口の都市計画道路3・5・33号を改修整備する。今年度は用地測量と建物調査を行う。
レンタサイクル事業(2200万円)
 実験的に行っているレンタサイクルを、拡大していく。今年度は5ヵ所、180台を準備。また、市内の文化施設を巡るための「観光型レンタサイクル」も整備する。
中山地区街なみ環境整備(360万円)
 中山法華経寺の参道部分で下水道の整備や電線の地中化などが計画され、それに関連して、民地でも街なみ景観を形成するため改築する場合に、修景費用の補助を行う。今年度は計画策定、国土交通省の承認を受けて、平成19年度から事業化をめざす。
市川駅北口周辺整備(900万円)
 駅広場に、モニュメントと防犯カメラ6台を設置する。
地域コミュニティゾーン整備(600万円)
 本行徳地域の江戸川第一終末処理場の隣接地に、地域コミュニティゾーン(面積は3.3ヘクタール)を設定し、教育施設や福祉施設、運動施設などを建設する。今年度は事前調査。
国分川調節池上部活用(400万円)
 国分川整備検討委員会がまとめた基本計画にもとづき、上部の活用基本計画を策定。また、今後の運営や管理方法などを検討する。
旧江戸川遊歩道照明灯整備(200万円)
 旧江戸川の遊歩道、約2800メートルに、77基の照明灯を設置する。今年度は実施設計。
中江川上部整備(1200万円)
 行徳地域の中江川の上部を公演として開放するため整備を行う。園路や街灯、花壇、ベンチなどを設置する。
(仮称)緑の市民大学事業(530万円)
 緑のパートナーシップ事業を進めるため、市民が緑に関心をもち、緑地保全などに参加できる地域などを提供する講座を開設する。
本八幡B地区優良建築物等整備(6700万円)
 再開発事業の優良な建物に対して、国と市が助成を行う制度を活用する。B地区は平成18年度から着工、21年度に完成する計画。

消防費

 ―

教育費

子どもの安全・安心対策支援(2900万円)
 公立学校に巡回用の公用車を各1台配備し、巡回パトロールを実施、通学路には防犯カメラも設置する(50ヵ所)。各学校区域ごとにパトロール・ボランティアのネットワークづくりをすすめ、ボランティアには帽子・腕章・ベスト等を貸与する。
市指定有形文化財徳願寺山門保存修理補助金(2000万円)
 徳願寺が山門を修理することに対して、助成する。この山門は安永4年(1775)に建築され、昭和40年に大規模修理されたが、軒組物が折れたり破損したままになっている。 
中央図書館祝日開館(810万円)
 中央図書館を祝日にも開館する。
韓国江南区特設コーナー設置(200万円)
 韓国江南区との交流を深めるため、中央図書館に同区の電子図書にアクセスできるコーナーウをつくる。
歴史博物館の改修(5000万円)
 24年を経過し、老朽化している空調設備を改修する。
自然博物館で企画展(300万円)
 「市川の動植物 基本ブック」をテーマに、市内で観察できる動植物を実物や標本、写真などで紹介、解説する。開催は19年2月から。 
生涯学習センター祝日開館(590万円)
 生涯学習センターが祝日にも開館。
スポーツ広場管理運営(400万円)
 行徳の新浜地区にスポーツ広場を整備した。面積8200平方メートル。少年野球、ソフトボール、フットベースボール、グラウンドゴルフなどができる。18年4月にオープンした。
スポーツ指導者育成(470万円)
 これまでの講習会を、新たに「市川市認定スポーツ指導者養成講習会」として実施。
総合型地域スポーツクラブ事業(100万円)
 市民が運営委員会を組織して、地域で活動するスポーツクラブ。去年秋から国府台で試験スタートし、会員の増加をすすめる。18年度400人、20年度には570人をめざす。
スポーツ振興基本計画策定(800万円)
 市川市の実状にあった「スポーツ振興計画」を策定する。
陸上競技場改修(9900万円)
 国府台の陸上競技場のフィールドを人工芝に改修する、平成19年3月完成予定。
国府台市民体育館耐震補強(1900万円)
 補強設計と改修設計を行う。


★拡大、拡充させる事業

総務費

広報紙発行
市民参加制度構築
災害対策本部整備
情報化市民パートナー育成推進
市ホームページ管理運営
電子自治体推進
自動交付機増設
市川の文化人展
市民活動団体支援
防犯パトロール推進
健康都市推進
健康都市ネットワーク
パートナーシティ交流
友好都市楽山市交流
東山魁夷記念館管理運営
納税環境整備

民生費

地域ケアシステム推進
心身障害者小規模福祉作業所等補助金
子ども家庭総合支援センター
地域子育て支援センター
保育園整備計画(建設費補助金)
家庭保育制度
簡易保育園園児補助金
乳幼児医療対策
児童手当支給
原州市(韓国)との少年野球交流
子どもの居場所づくり事業
保育クラブ運営
青少年館整備

衛生費

健康づくり支援
健康診査事業
斎場施設整備
ごみ発生抑制等啓発(廃棄物減量等推進)
ごみ発生抑制等啓発(ごみ減量・資源化啓発)
余熱利用施設建設
住宅用太陽光発電システム設置助成

労働費

雇用促進奨励金

農林水産業費

体験農園事業

商工費

経営支援事業
起業家支援

土木費

耐震診断助成
人にやさしい道づくり重点地区整備
道路拡幅整備
大町レクリエーションゾーン整備
市川大野駅周辺整備
交通バリアフリー化整備
コミュニティバス社会実験運行
京成本線立体化事業
人にやさしい道づくり重点地区道路照明灯整備
駐輪場整備
旧行徳地区排水施設整備
浸水対策
都市景観形成事業
常夜灯周辺地区整備
市川南地区まちづくり推進
塩浜地区整備
都市計画道路3・4・18号整備
江戸川活用総合事業
北西部水と緑の回廊整備
広尾防災公園整備
緑の基金補助金
水辺プラザ整備
本八幡A地区再開発

消防費

救急活動業務
消防防災施設整備
消防活動車両整備

教育費

少人数学習等担当補助教員事業
外国語指導助手派遣
小学校英語活動推進
小学校・中学校・幼稚園営繕
小学校・中学校耐震補強
学校給食調理等業務委託
食器具等整備
生涯学習推進体制整備
コミュニティクラブ
コミュニティサポート
学校施設開放
史跡整備保存
重要文化財法華経寺五重塔保存修理補助金
少年相談事業
少年自然の家改修
小児生活習慣病検診
ヘルシースクール推進

公債費

市川市民まちづくり債発行