江戸川河口付近。右に見えるのが京葉線の鉄橋。中央の小高い山が、俗に「行徳富士」と呼ばれている土砂や廃棄物の山。ここに、従来から江戸川左岸流域下水道の第1終末処理場」が都市計画決定されている。市川2期埋立が事業化されると、この終末処理場は埋立地に造られることになっている。