市川おはよう野球大会
(2013年)

 
 ●2012年
 ●2011年
 ●2010年
 ●2009年
 ●2008年
 ●2007年
 ●2006年
 ●2005年
 ●2004年
 ●2003年
 ●2002年
 ●2001年

 ■歴代優勝チーム

●アサヒクラブが快勝 秋季大会決勝戦

 市川おはよう野球大会の今年の秋季大会(毎日杯争奪)の決勝戦が、10月31日、国府台球場で行われ、アサヒクラブがダンディーズを8―2で下した。
 序盤は一進一退の攻防。一回表にダンディーズが1点先行すると、その裏、アサヒクラブは2点を入れ、すかさず逆転。しかし、ダンディーズもすぐに追いつき、同点に。ところが、地力に勝るアサヒクラブが攻撃の手を緩めず、満塁の好機に大野真司選手が三塁打を放つなど大量得点。ダンディーズを突き放した。
 アサヒクラブの秋季大会優勝は2年連続、11回目。最優秀選手賞に大野真司選手(ア)、優秀選手賞に鈴木雅佳選手(ダ)が選ばれた。

●秋季大会が開幕 市川おはよう野球大会は秋季大会が始まった。

▽10月24日 ダンディーズ13―4ロイヤルズ
▽10月23日 アサヒクラブ2―0コクブンクラブ
▽10月22日 ロイヤルズ6―2おっとっと
▽10月18日 ダンディーズ3―0コスモス(ダンディーズ、安田投手の好投で勝利)
▽10月15日 コクブンクラブ1―1コスモス
▽10月11日 コスモス8―1おっとっと
▽10月10日 ダンディーズ27―1コクブンクラブ(点差程荒れたゲームではなく、たまたま打球がいい所へ……。ヤングダンディーズがはつらつ!)
▽10月8日 ロイヤルズ3―3コクブンクラブ
▽10月4日 ロイヤルズ7―6アサヒクラブ
▽9月28日 おっとっと9―0ダンディーズ
▽9月27日 アサヒクラブ18―0コスモス(アサヒクラブの鈴木(史)投手、五回ノーヒット)
▽9月20日 アサヒクラブ3―2おっとっと(アサヒクラブが押し出しで接戦を制する)
▽9月19日 コスモス17―3ロイヤルズ
▽9月18日 おっとっと4―2コクブンクラブ
▽9月13日 アサヒクラブ9―3ダンディーズ

■秋季大会2013年

おっと

アサヒ

ロイ

コス

コクブ

ダン

勝敗(勝-敗-分)

おっとっと

-

 2-4

アサヒクラブ

-

 4-1

ロイヤルズ

-

 2-2-1

コスモス

-

 2-2-1

コクブンクラブ

-

 0-3-2

ダンディーズ

-

 3-2


●おっとっとが13回目の優勝 夏季大会

 市川おはよう野球の夏季大会は、リーグ戦の1位、2位のチームによる優勝決定戦が7月26日、コスモスとおっとっとの対戦で行われ、おっとっとが7―3でコスモスを下し、3年ぶり13回目の優勝を飾った。
 最優秀選手賞にはおっとっとの小笠一彦選手(捕手)、優秀選手賞にはコスモスの喜園崇選手(投手)が選ばれた。


●夏季大会が開幕 おはよう野球大会

▽7月24日 コスモス8―6ダンディーズ
▽7月19日 コクブンクラブ11―0アサヒクラブ
▽7月6日 おっとっと5―0ダンディーズ(ダンディーズ、フォアボールとエラーで自滅した形)
▽7月4日 コクブンクラブ11―5ダンディーズ
▽7月3日 アサヒクラブ7―1ロイヤルズ
▽7月2日 おっとっと11―1コクブンクラブ
▽6月29日 おっとっと6―0ロイヤルズ
▽6月25日 コスモス7―2おっとっと
▽6月18日 アサヒクラブ7―4コスモス
▽6月15日 ダンディーズ12―2ロイヤルズ
▽6月11日 ロイヤルズ7―2コクブンクラブ
▽6月8日 アサヒクラブ8―2ダンディーズ
▽6月6日 コスモス8―0ロイヤルズ(コスモスが最終回、6得点で試合を決める)
▽6月5日 アサヒクラブ3―3おっとっと
▽6月4日 コスモス10―1コクブンクラブ(コスモスの若手エース対コクブンクラブのベテラン選手の味のあるゲーム)

■夏季大会2013年

おっと

アサヒ

ロイ

コス

コクブ

ダン

勝敗(勝-敗-分)

おっとっと

-

アサヒクラブ

-

ロイヤルズ

-

コスモス

-

コクブンクラブ

-

ダンディーズ

-


●アサヒクラブがサヨナラで優勝 春季大会
 4月から始まっていた市川おはよう野球・春季大会の決勝戦が5月28日、国府台球場で行われ、アサヒクラブがコスモスに3対2でサヨナラ勝利し、優勝した。アサヒクラブの春季大会の優勝は、2年ぶり、5回目。
 試合は先攻のコスモスが2―1とリードしたまま、最終回のアサヒクラブの攻撃。二死ながら一、二塁のチャンスを迎え、打者はチーム内で「三振王」と呼ばれている須藤祐樹選手。その須藤選手が起死回生のライトオーバー二塁打。二塁走者に続いて一塁走者も生還し、サヨナラ決着となった。
 最優秀選手賞にはもちろん須藤祐樹選手(ア)が選ばれ、優秀選手賞には吉園崇選手(コ)が選ばれた。
●おはよう野球 春季大会の試合経過

▽5月23日 ダンディーズ10―4コクブンクラブ
▽5月22日 コスモス4―1おっとっと
▽5月17日 ダンディーズ8―3ロイヤルズ
▽5月15日 おっとっと22―0ロイヤルズ(おっとっと、初回14者連続得点!打者20人の猛攻で勝負あり)
▽5月14日 コスモス6―5ダンディーズ
▽5月10日 おっとっと5―4コクブンクラブ(おっとっとの鈴木選手の逆転サヨナラ打で、接戦に幕)
▽5月9日 アサヒクラブ12―4ダンディーズ
▽5月8日 コクブンクラブ6―4ロイヤルズ
▽5月7日 アサヒクラブ10―8コスモス(アサヒクラブの今野選手がゲームメイク)
▽4月24日 コスモス11―3ロイヤルズ
▽4月23日 アサヒクラブ5―4コクブンクラブ
▽4月19日 アサヒクラブ9―2おっとっと(点差は開いたが、好試合。アサヒクラブが投手陣の頑張りで勝利)
▽4月18日 コスモス8―1コクブンクラブ
▽4月17日 アサヒクラブ4―3ロイヤルズ
▽4月9日 おっとっと4―3ダンディーズ(おっとっとが開幕戦を勝利。ダンディーズは最終回に1点差まで追い上げるも一歩及ばず)

■春季大会2013年

おっと

アサヒ

ロイ

コス

コクブ

ダン

勝敗(勝-敗-分)

おっとっと

-

 3勝2敗

アサヒクラブ

-

 5勝

ロイヤルズ

-

   5敗

コスモス

-

 4勝1敗

コクブンクラブ

-

 1勝4敗

ダンディーズ

-

 2勝3敗


●市川おはよう野球大会 第41回大会が開幕

 昨年、40周年を迎え、41回目の大会に入った市川おはよう野球。4月5日の開会式には、多くの来賓も出席し、模擬試合などが行われた。
 午前6時30分、参加6チームの選手が入場。前年の優勝チームから、優勝旗や優勝杯が返還されたあと、同連盟の蜂谷会長(写真左)があいさつ。次いで、朝早くから球場に駆けつけた来賓から激励の言葉がおくられた。
 春季大会は9日から試合がスタートし、早ければ5月中旬には優勝をゆくえが決まる日程となっている。(2013/04/05)


★参加チーム、選手を募集中……市川おはよう野球連盟事務局から
 市川おはよう野球連盟では、おはよう野球大会に参加したいチームや選手を募集しています。興味や関心のある方は、事務局までご連絡ください。電話047-377-2045(今野)