2005年のおはよう野球開会式の選手 

 ●2004年
 ●2003年
 ●2002年
 ●2001年
 ■歴代優勝チーム

    おはよう野球秋季大会決勝 おっとっとが快勝  2005

 市川おはよう野球の酉となる秋季大会の決勝戦が、11月1日に国府台球場で行われ、おっとっとがコスモスに快勝した。試合後に行われた閉会式には千葉光行市長が出席。市長杯を手渡すとともに、選手を激励した。
 秋季トーナメントを勝ってきたコスモスとおっとっとの対戦となった決勝戦は、初回裏におっとっとの打撃が爆発。5安打で一気に5点を入れた。コスモスは内野の2つの失策も痛かった。その後、コスモスもチャンスをつくるものの、一歩及ばず、おっとっとが5―0で快勝した。
 閉会式で今大会の表彰式が行われ、各大会の優勝チームと準優勝チームに、優勝旗や優勝杯、準優勝の盾が贈られ、また、個人賞の表彰も行われた。
◇今大会の各賞は次の通り
●春季大会 優勝 おっとっと、準優勝 ニューイースト
 最優秀選手賞 橋本健(お)、優秀選手賞 卜部泰夫(ニ)
 打撃王 鈴木文尚、打点王 鈴木文尚
●夏季大会 優勝 ニューイースト、準優勝 マイスターズ
 最優秀選手賞 卜部泰夫(ニ)、優秀選手賞 根木俊一(マ)
 打撃王 堀田康弘、打点王 根木俊一
●秋季大会 優勝 おっとっと、準優勝 コスモス
 最優秀選手賞 土居浩章(お)、優秀選手賞 岡部雅聡(コ) 

午前6時、試合開始。白球がやっと見えるといった明るさ?

太陽が光やっと出だしたが、一塁手がまともな逆光に。

閉会式では千葉市長(右)も出席し、あいさつした。

    おはよう野球 秋季大会が開幕  2005

◇10月27日 コスモス5―0ニューイースト
      (コスモスはうまく打線がつながり、固い守りで、完封勝利)
◇10月26日 アサヒクラブ2―2おっとっと
      (同点のため、ジャンケン決勝で、おっとっとが5―2で勝利)
◇10月21日 コスモス10―9ロイヤルズ
◇10月20日 アサヒクラブ3―3マイスターズ
      (試合は引き分けだったが、ジャンケン対戦で、アサヒクラブが5―1で勝利した)

    ニューイーストが5年ぶりに優勝  おはよう野球夏季大会2005

 市川おはよう野球・夏季大会の決勝戦が10月12日、ニューイーストとマイスターズの対戦で行われ、ニューイーストが3対1でマイスターズを下し、6回目の優勝を飾った。ニューイーストの優勝は5年ぶり。最優秀選手にはニューイーストの卜部浩一選手、優秀選手にはマイスターズの根木俊一選手が選ばれた。
 同大会は引き続いて、秋季大会が開幕する。

    おはよう野球 夏季大会が始まる 2005年

 市川おはよう野球・夏季大会は、国府台球場が高校野球の予選で使われていたため、中断していたが、7月20日から再開した。
◇10月7日 おっとっと5―2ダンディーズ
     (両チームとも、エラーによる失点てした)
◇10月4日 ニューイースト6―3コスモス
     (2回のニューイーストの集中打で、コスモス・瀬野から4点を先取。その裏、譜久山の2塁打で得点するも、地力に勝るニューイーストが完勝)
◇9月30日 コクブンクラブ12―0ロイヤルズ
◇9月29日 ニューイースト5―2おっとっと
     (あら、めずらしや。おっとっとが2つのエラーで4失点!)
◇9月28日 マイスターズ4―0ロイヤルズ
     (マイスターズが6勝1分で、独走でリーグ戦トップが確定!)
◇9月27日 コスモス7―5ダンディーズ
◇9月21日 マイスターズ2―2ニューイースト
◇9月16日 マイスターズ2―0アサヒクラブ 
◇9月15日 ニューイースト17―0ロイヤルズ 
◇9月14日 コクブンクラブ2×―1アサヒクラブ 
◇9月13日 おっとっと8―4ロイヤルズ
◇9月9日 ニューイースト3―2マイスターズ(すばらしい投手戦。1つのワイルドピッチが勝敗を分けた)
◇9月2日 ロイヤルズ11―6コスモス(コスモスの当麻選手がランニングホームラン)
◇8月30日 ニューイースト12―0コクブンクラブ
◇8月30日 マイスターズ6―4おっとっと
◇8月23日 マイスターズ1―0コスモス
◇8月19日 ロイヤルズ7―0ダンディーズ
◇8月18日 おっとっと10―0アサヒクラブ
◇7月29日 コクブンクラブ2―1コスモス
◇7月28日 マイスターズ10―3ダンディーズ
◇7月22日 コクブンクラブ6―4ダンディーズ
◇7月20日 おっとっと6―2コスモス
◇7月8日 マイスターズ14―1コクブンクラブ

   おはよう野球大会、夏季大会の経過   2005年

■夏季大会2005年

おっと

アサヒ

ロイ

コス

コクブ

ニュー

マイ

ダン

勝敗(勝-敗-分)

おっとっと

-

4-2

アサヒクラブ

-

0-3

ロイヤルズ

-

2-4

コスモス

-

1-5

コクブンクラブ

-

4-2

ニューイースト

-

4-0-1

マイスターズ

-

6-0-1

ダンディーズ

-

0-5


    おはよう野球・春季大会 おっとっとがまたも優勝  2005年

 4月から行われていた市川おはよう野球・春季大会は、7月1日に、リーグ戦の上位2チームによるプレイオフが行われ、おっとっとが5対3でニューイーストを下して、優勝した。最優秀選手には橋本建(お)が、敢闘賞には卜部泰夫(ニ)が選ばれた。

    おはよう野球・春季大会の経過  2005年

◇6月23日 ニューイースト7―4マイスターズ
      (マイスターズ敗れる。プレイオフ進出かけて注目の残り1試合)
◇6月21日 マイスターズ4―1ダンディーズ
      (マイスターズ快勝で4勝目。プレイオフ進出の2位争いは混沌)
◇6月15日 ロイヤルズ3―2コクブンクラブ 
◇6月14日 コスモス13―2ダンディーズ
      (コスモス、またまた大量得点。これで4勝目)
◇6月10日 コスモス13―0コクブンクラブ
      (コスモスが3勝目。春季リーグ戦のプレイオフ進出かけ、熾烈な争い)
◇6月9日 アサヒクラブ5―4ダンディーズ
◇6月8日 おっとっと8―0ロイヤルズ
      (おっとっとが快勝。これでリーグ戦6勝1分でトップ決める)
◇6月7日 ニューイースト12―6ダンディーズ
◇6月2日 おっとっと12―1アサヒクラブ
      (おっとっとが大量得点で圧勝。5勝目でトップ)
◇6月1日 コスモス4―1ロイヤルズ
◇5月27日 ニューイースト2―2おっとっと
◇5月26日 アサヒクラブ7―1コクブンクラブ
      (アサヒクラブの佐藤和一郎投手が完投勝利。佐藤投手は77歳。この日バッテリーを組んだ片山直己捕手は19歳で、「58歳という年齢差は日本でも初めてでは??」と関係者の声)
◇5月24日 おっとっと6―1マイスターズ
◇5月20日  ニューイースト10―1コクブンクラブ
◇5月19日 コスモス2―1アサヒクラブ
◇5月18日 マイスターズ6―1ロイヤルズ
      (マイスターズ順当に勝って3勝目。おっとっとと並ぶ)
◇5月17日 コクブンクラブ12―4ダンディーズ
      (ダンディーズにエラー続出、投手がキノドクだった)
◇5月13日 おっとっと3―2コスモス
      (試合巧者のおっとっと、うまい継投策で接戦をものにする)
◇5月12日 マイスターズ8―0コクブンクラブ
◇5月11日 コスモス2―2ニューイースト
◇5月10日 マイスターズ4―3アサヒクラブ
◇4月28日 ニューイースト10―0ロイヤルズ
◇4月27日 おっとっと10―0コクブンクラブ
      (おっとっとは三、四、五回で10点を入れて快勝でした)
◇4月22日 ロイヤルズ6―1ダンディーズ
◇4月20日 ニューイースト2―2アサヒクラブ
◇4月19日 おっとっと18―2ダンディーズ
      (ダンディーズが先取点。好調かとみえたが、おっとっとが終始攻撃を緩めず、大勝)
◇4月8日 アサヒクラブ7―3ロイヤルズ

   おはよう野球大会、春季大会の経過   2005年

■春季大会2005年

おっと

アサヒ

ロイ

コス

コクブ

ニュー

マイ

ダン

勝敗(勝-敗-分)

おっとっと

-
6-0-1

アサヒクラブ

-
3-3-1

ロイヤルズ

-
2-5-0

コスモス

-

4-1-1

コクブンクラブ

-
1-6-0

ニューイースト

-
4-0-3

マイスターズ

-
4-2-0

ダンディーズ

-
0-7-0


    おはよう野球も開幕 4月6日に開会式  2005年

 本格的な春の訪れを告げる市川おはよう野球の開会式が、4月6日、国府台球場で、朝6時半から行われた。今年は8チームによるリーグ戦を展開する。開会式には後援団体や市から来賓も多く出席し、選手を激励した。
 市川おはよう野球連盟(蜂谷雅昭会長)は、火曜日から金曜日の早朝に試合を行って、その後で、仕事場に滑り込むというユニークな大会。
 開会式は、選手の入場の後、去年の大会の優勝チームから優勝旗や優勝杯が返還。挨拶に立った蜂谷会長は「みなさん健康に気をつけて悔いのない試合をしてもらいたい。ただ、今年は勝敗にこだわって、健闘してほしい。みんなで力を合わせて大会を盛り上げていきたい」と述べた。続いて、市川市教育委員会から、西垣教育長や市議会副議長の笹浪議員ら、来賓が挨拶した。選手宣誓はロイヤルズの鹿野治選手が行った。

優勝旗返還
来賓による始球式
模擬ゲーム

    市川おはよう野球 2005年 4月6日に開幕へ

 新しいプロ野球もオープン戦たけなわ。市川の朝野球大会の市川おはよう野球大会は、4月6日、開幕を告げる開会式が午前6時半から国府台球場で行われる。今年で33回目を迎える大会は、昨年同様、9チームで、秋まで3つの大会が組まれている。
 開会式では、昨年の大会の表彰式に続いて、模擬試合が行われる予定。来賓による始球式も行われる。
 雨天の場合は、会場を体育館に変更。
 主催:市川おはよう野球連盟(蜂谷雅昭会長)
 後援:市川市教育委員会、市川市観光協会、市川ジャーナル社、毎日新聞社、東京ベイ信用金庫、市川商工会議所、あいおい損害保険、サンケイスポーツ新聞千葉県支部
 事務局:市川市大和田3-4-2 今野方(047-377-2045)

 ★本ホームページでは試合結果を掲載していく予定。