■平成27年市議会

●平成26年議会
●平成25年議会
●平成24年議会
●平成23年議会
●平成22年議会
●平成21年議会
●平成20年議会
●平成19年議会
●平成18年議会
●平成17年議会


■市議会会派
(平成27年5月現在)

■議会選出役職
(平成27年5月現在)

■市川市議会の新会派(平成29年3月16日現在、敬称略、◎は代表者) 
公明党(8名)
 ◎堀越 優、久保川隆志、中村よしお、西村 敦、浅野さち、宮本 均、大場 諭、松葉雅浩
日本共産党(5名)
 ◎金子貞作、高坂 進、清水みな子、廣田徳子、桜井雅人
民主・連合・社民(4名)
 ◎石原よしのり、西牟田勲 、かつまた竜大、佐藤義一
創生市川第1(4名)
 ◎加藤武央、小泉文人、田中幸太郎、岩井清郎
自由民主党(3名)
 ◎かいづ勉、佐藤ゆきのり 、中山幸紀
無所属の会(3名)
 ◎越川雅史、湯浅止子、秋本のり子
清風会(3名)
 ◎竹内清海、石原みさ子、松井 努
自由民主党市川(3名)
 ◎ほそだ伸一、三浦一成、青山ひろかず
無所属(3名)
 ◎長友正徳、片岡きょうこ、増田好秀
創生市川第2(3名)
 ◎松永修巳、鈴木雅斗、金子 正
○創生市川第3(3名)
 ◎稲葉健二、松永鉄兵、荒木詩郎

■議会選出の各委員(平成27年5月20日現在、敬称略) 
○議長 中山幸紀
○副議長 かつまた竜大
○監査委員 松永修巳、松井努
○農業委員 佐藤ゆきのり、加藤武央、竹内清海

○千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員 西村敦
○市川市総合計画審議会委員 西牟田勲、石原みさ子、松永鉄兵、佐藤ゆきのり、金子貞作、秋本のり子
○市川市交通対策審議会委員 久保川隆志、鈴木雅斗、三浦一成、青山ひろかず、小泉文人、増田好秀
○市川市環境審議会委員 片岡きょうこ、長友正徳、廣田徳子、石原よしのり、西村敦、稲葉健二
○市川市勤労福祉センター運営委員会委員 ほそだ伸一、湯浅止子
○市川市都市計画審議会委員 高坂進、片岡きょうこ、田中幸太郎、かつまた竜大、宮本均
○市川市営住宅審議会委員 鈴木雅斗、清水みな子
○市川市消防委員会委員 越川雅史、加藤武央、佐藤義一、掘越優、かいづ勉
○市川市立小中学校通学区域審議会委員 久保川隆志、桜井雅人
○市川市大町レクリエーションゾーン協議会委員 石原みさ子、加藤武央
○市川市地方卸売市場運営審議会委員 浅野さち、佐藤ゆきのり、松永修巳
○市川市土地開発公社理事 青山ひろかず、稲葉健二、松井努
○市川市国民健康保険運営協議会委員 高坂進、西牟田勲、荒木詩郎
○市川市建築審査会委員 岩井清郎
○市川市幼児教育振興審議会委員 中村よしお
○市川市廃棄物減量等推進審議会委員 大場諭、金子正
○市川市下水道事業審議会委員 増田好秀、宮本均、竹内清海


■正副議長を選出 5月臨時市議会
 市川市議会は5月18日、改選後の臨時市議会を開き、新議長に中山幸紀市議(無所属、会派は自由民主党、4期目)を選出した(写 真左)。また、副議長には、勝亦竜大市議(社民党、会派は民主・連合・社民、3期目)を選んだ(写 真右)。


■市川市議会の新会派(平成27年5月11日現在、敬称略、◎は代表者) 
創生市川(10名)
 ◎加藤武央、岩井清郎、金子 正、松永修巳、荒木詩郎、稲葉健二、松永鉄兵、田中幸太郎、小泉文人、鈴木雅斗
公明党(8名)
 ◎堀越 優、松葉雅浩、大場 諭、宮本 均、浅野さち、西村 敦、中村よしお、久保川隆志
自由民主党(5名)
 ◎中山幸紀、かいづ勉、青山ひろかず、ほそだ伸一、佐藤ゆきのり
日本共産党(5名)
 ◎金子貞作、清水みな子、高坂 進、廣田徳子、桜井雅人
無所属の会(5名)
 ◎越川雅史、湯浅止子、長友正徳、秋本のり子、増田好秀
民主・連合・社民(4名)
 ◎石原よしのり、佐藤義一、かつまた竜大、西牟田勲
清風会(3名)
 ◎竹内清海、松井 努、石原みさ子
維新の党・花の会(2名、オブザーバー)
 ◎三浦一成、片岡恭子

■市議会の「切手大量購入問題」 2,100万円余りが不適切支出 外部監査が報告書提出
 市川市議会で問題化していた政務活動費の「切手を大量購入問題」で、大久保博市長から監査を委託されていた外部監査の報告書が、市長に提出された。
 平成23年から25年までの3年間の政務活動費の中で、切手の購入や備品購入、市内視察などについて、議会内の手引書と照らして、監査。その結果 、約2,100万円が「不適切な支出」だったことが明らかとなった。今年1月に選出された宮田克己議長は「今日、報告書をもらったばかりで、これから各議員に配っていく。今後、全員協議会などを公開で行い、対応していく。自主返還するか、しないかは、各自の判断になると思う」と語った。
 監査は公認会計士の菅田裕之氏らによって行われた。監査結果は71ページ。監査の概要や対象の概要に続いて、監査結果 が詳細に記述されている。また、後半には改善提案も行っている。各監査項目に関して、各会派に対する調査の結果 が、50ページにわたって表にまとめられている、(下の図参照)
 この問題については、昨年12月市議会で、2つの百条委員会が設置されたが、構成委員などは決まっておらず、会議も開かれていない。それぞれ3月31日までと5月1日までが期限となっている。
 大久保市長は3月25日、「市議会と議員におかれては、この監査結果を真摯に受け止め、速やかに善処していただくよう要望する」というコメントを出した。
※監査結果のうち、切手の購入費が多かった会派の調査結果。左がみらい(平成25年度)で切手の購入費は約112万円、右が緑風会第1(平成24年度)で同60万円。


■正副議長を選出 1月臨時市議会

市川市議会は1月14日、臨時市議会を開き、昨年暮れから空席となっていた議長に、宮田克己市議(自由民主党、4期目)を選出した(写 真左)。また、この日辞表を提出した副議長の後任には、勝亦竜大市議(民主・連合・社民、2期目)を選んだ(写 真右)。
 当日は、このほか、各派代表者や議会運営委員会なども決めた。


■市議会会派(平成27年1月〜3月、◎は代表者)
○公明党(8人)
 ◎堀越優、中村義雄、西村敦、浅野さち、宮本均、大場諭、松葉雅浩、戸村節子
○みらい(6人)
 ◎金子正、田中幸太郎、並木まき、荒木詩郎、岩井清郎、寒川一郎
○日本共産党(5人)
 ◎金子貞作、高坂進、清水みな子、桜井雅人、谷藤利子
○緑風会(4人)
 ◎竹内清海、松永鉄兵、稲葉健二、松永修巳
○自由クラブ(4人)
 ◎井上義勝、青山博一、小泉文人、加藤武央
○自由民主党(4人)
 ◎かいづ勉、佐藤幸則、中山幸紀、宮田かつみ
○民主・連合・社民(4人)
 ◎守屋貴子、石原よしのり、かつまた竜大、佐藤義一
○無所属の会・市民ネット(4人)
 ◎越川雅史、秋本のり子、湯浅止子、増田好秀
○ボランティア(1人)
 ◎鈴木啓一
○行徳自民党(1人)
 ◎松井努  
○闘う改革の会(1人)
 ◎石崎ひでゆき