平成25年度の総会も無事終了し、新役員と共に新しい年度に向かってスタートいたしました。
 この1年間、役員と共に組合を活性化、及び更なる充実した活動ができるよう努力してまいります。

 我々の組合は、組合員相互の福利厚生を目的として様々な共済事業を行っております。
 まず、経営者ならびに配偶者の入院見舞金、逝去の場合の香典規定、災害時の見舞金支給、また、全店舗に食品事故が生じた場合に5,000万円を最高限度額に、被害者にかかる治療費、入院費、慰謝料を保障する制度です。
 組合に入会していれば、いざという時に何かと役立つと思いますので、お困りのときは一言役員に声をかけてください。

 そして、昨年より事業の活性化と発展を企画するために、総務委員会を充実させ、組合員皆様の声を活動に取り入れたいと思い、アンケートを実施させていただきました。
 その結果を踏まえ、今年の親睦旅行は日曜日の日帰り旅行とさせていただく予定です。
 また、会費の集金業務については6割強の方々が今までどおり、事務局が集金する方が望ましいという結果になりました。
 振込手数料の負担等諸問題もあり、先々皆様の考えに沿うように頑張ってまいりますので、どうかご理解とご協力を賜わりますようお願い申しあげます。(平成25年7月)

市川市中央飲食店組合 組合長 松丸貢造


市川市中央飲食店組合のホームページ開設に当たり、ご挨拶申し上げます。

 私たちの最大の使命は、食中毒などの事故防止を図り、消費者に安全、安心な食品を提供することにあります。が、近年相次いで食品の偽装表示や食肉の生食による食中毒等々、消費者の信頼を揺るがす不祥事が起っております。
 さて、私たちの営業には、震災による宴会等の自粛、計画停電、風評被害、更に農水産物の放射能汚染による不安が大きな影響を与えています。
 この難局を乗り越えるには、組合間のチームワークを発揮して、創意工夫し、組合活動の一層の活性化を図ることが大切と思います。
 そして、新たなイベントの立案や仕組みづくりなどの方策を企画し、共に挑戦者として力強く進んでいきたいと考えておりますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。(平成24年6月)

組合長 松丸貢造